ネットベンチャーに必ず「天才エンジニア」がいる理由

いくつかの仮説と警句。

(創業直後の)ネットベンチャーの経営者には「我が社には天才エンジニアがいる」と語る人がとても多いのが昔から気になっていました。ほとんどそうです。ということは、天才も「一社に一人」という時代になったのでしょうか。一家に一台、自動車じゃあるまいし。

この疑問に答え(仮説)が見つかりました。

■1.能力を判断する能力の不足

そのネットベンチャーの社長がエンジニアではない場合。エンジニアではない経営者に、エンジニアの技術力を評価する能力があるのか、ということです。

社長は社内のAさんとBさんの比較はできるでしょう(それすら怪しい場合もありますが)。しかし、それと世間の水準には何の関係もない。Bさんより優秀なAさんが、世間の平均より下かもしれない。ですから、投資家の観点で見たときには、社長が「我が社の天才エンジニア」と呼んでいるAさんは、たんに「我が社でいちばん優秀なエンジニア」に過ぎない場合があります。

なお、それ以上に重要なのは「自社の事業に必要な技術力」です。これを経営者自身が把握しているか。定義できているか。

・自社の技術力は顧客を満足させるに十分か?→顧客の需要に技術力のあり方が沿っていない
・自社の技術力は競合を打ち負かすに十分か?→競合との性能競争(持続的イノベーション)に勝てない

場合によっては、必要以上に優秀なエンジニアを揃えてしまうケースもあるでしょう。高給取りを必要以上に抱えるのは、ある種の贅沢です。社長室や社用車をつくらない社長さんでも、このことには気付かないかもしれない。

ですから、逆に投資家の観点で「我が社には天才エンジニアがいます」という社長を見るときには、

・その社長自身はエンジニアか?→評価能力の有無
・ホントに天才か?→勘違いではないか
・ホントの天才だとして、ホントにこの事業に天才が必要か?→贅沢ではないか

という3点をチェックしたほうがよいでしょう。

問題の根本を解決する方法として、エンジニアではない社長がネットベンチャーを創業するなら、ビジネスセンスのある技術者をCTOとして招くという方法があるでしょう。そのCTOに「自社に必要な技術力」を定義してもらうのです。

技術が分かってない社長さんは、ネットはすべてハイテクだと思ってますが、いまどき本当の技術力が必要なWebサイトなんて少ないですよ。ですから、「自社に必要な技術力」を過大評価しがちであることを自覚する方がよいでしょう。

■2.自己評価のバイアス

自分の能力を高めに評価してしまう心理バイアスにも要注意。

脳は自分を「できるヤツ」だと思い込む──そんなデータがある。

 かつて米カリフォルニア工科大学の下條信輔先生が、日本に紹介した米国での調査結果だ。データによると、高校生の70%が「自分の指導力は同級生たちに比べて平均以上にある」と考えているという。一方、平均以下と自己評価した人は、わずか2%であったそうだ。

 これらの数値は「平均値」の概念を考えれば矛盾する。それだけヒトは自分を高く評価する傾向があるわけだ。

via 7割の人が『自分は平均以上』と思っている

自分が雇ったエンジニアの能力が低いとは信じたくない。

人は見たいものしか見ないのです。このことを肝に銘じるべき。

■3.人を悪く言うより良く言う

社長がそとで「うちのCTOはダメで」なんて言ってる会社はどうかと思いますよね。

というわけで、案外この要素が支配的かもしれません。

といった3つの要因により、ネットベンチャーの社長は「我が社には天才エンジニアがいる」と言う傾向があるのではないか、という仮説です。

そもそも現象として「我が社には天才エンジニアがいる」という傾向が多いのか、少ないのか(何に対して)という定義をしてませんから、科学的な議論ではありません。

※関連情報

■続編

良いCTOは金の草鞋を履いてでも探せ (ZEROBASE BLOG)

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/263

[短・散・文] 世間様の多くの人が三連休を過ごされているってのに、今日も出勤。 空いている車内。どこかに出かけるのか楽しそうな家族連れ。普段はむすっと... 続きを読む

コメント(3)

営業トークって奴ですよ。

……ひょっとしてオレも知らない所では天才エンジニアにされてたりするのかな。orz

今までに出会ってきた天才エンジニアを見てみると、通常の会話が通じる人は例外なく天才エンジニアではありません

普通に会話ができる人は秀才エンジニア止まりですね

天才は本当にすごいですが、セルフマネージメントが絶対できないので別に選任の人をつけて管理下において仕事をさせないとだめです

Rubyの松本さんや、Javaのひがさんは微妙ですが秀才だと思います

ビジネス的には秀才の方が適していると思いますが、その人じゃないと作れないってのは天才じゃないと難しいですね

天才を中心にすえると方向がマッチしてればかなりいいビジネスになりますが、天才に依存しているので危険なビジネスです

秀才はそれなりのエースエンジニアを集めればできることを短時間で作ることができるってビジネスがいいと思います

エースエンジニア自体にもあまり出会えないってのが現実だと思いますが。。。

優れた能力(天才でなくても可)をもった人がいないベンチャー企業なんてそもそも話題にあがらないので、
できる人がいるって思っていいんじゃない。
 たいしたことない会社の社員が身内を褒めたところでたいしたことはない

コメントする