« 組織から独立したい人たちへ(覚悟のススメ) | メイン | ajaxの本質は「脱・紙芝居」 »

機能はデザインに従う

弊社が推奨する商品開発プロセスは「まずデザイン(※)ありき、機能はそのデザインを実現するための手段」です。なぜ、そういった「機能はデザインに従う」=「デザインが機能を規定する」(Function Follows Design)やり方で上手くいくのか?
※デザイン:見た目だけでなく価値を提供する手段としてのデザイン。

Form follows function - that has been misunderstood. Form and function should be one, joined in a spiritual union.
Frank Lloyd Wright

※"Form follows function"(形態は機能に従う)という有名な文句についてFrank Lloyd Wright氏は「(誤解されているが)形態と機能は不可分だ」と述べた。

それは、建築を考えていただければ、簡単に理解できます。家を建てるときには、まず建築士による設計図(デザイン)があります。それに従って必要なパーツが組み上げられていきます。

先に機能から作るというのは、この順序を無視するということです。設計図なしに、大工さんだけで家を建てるということ。いちおう「住む」という機能は満たせるでしょう。高い「耐震性能」「断熱性能」を実現できるかもしれない。

しかし、施主の満足度は・・・?

そういうカタログスペック的な「機能」には価値がありません。お金を出して手に入れたいのは、例えば、「おばあちゃんがつまずかない」「炊事がラク」「お客様の導線と生活の導線が別」などの感性的な価値だったりします。これはカタログ的でも定量的でもない価値です。これは建築家による全体設計図なしに、現場の作業だけで実現可能でしょうか?立て始める前に全体を考え抜いたプランが必要ではないでしょうか?

ですから建築において建築家の役割は重要ですよね。「住んでみたら住み心地が悪かった」ということを避けるために。

同じやり方は、ほかの分野の製品(例えばソフトウェアなど)でも上手くいくのでは?

冒頭の問い「なぜ弊社の主張するやり方のほうが、うまくいくのか?」に対しては、これが回答です。

良い議論をしたいので遠慮無くコメントください。

2006年2月15日にタイトルを変更しました。旧タイトルは「相互作用のデザインが不可欠な理由」です。

参考:アップルCEOスティーブ・ジョブズ氏のデザイン哲学 (ZEROBASE BLOG)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/353

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 機能はデザインに従う:

» "わがまま/おもいやり"は、人の為ならず 送信元 TheHybridCenter
「情けは人の為ならず」。昔の人はイイこと言ったもんです。 情けを他人に掛けることは、単にその人のためではなく、 それが巡り巡って、やがて自分にも善い報いが来るものだということ。 言わずと知れた、人には親切にしなさいという教訓ですね。 「マーケティングは恋愛と一緒」といったら、 後輩のクロが、 「自分のわがままを思いやりに変えるのがデザインで、 その過程ではデザインも恋愛要素あり」、と語っていました。 http://kurok.sakura.ne.jp/mt/archives/000479.html いわく、わがままが発想の起点にあることがデザインでの違いだと。 これを見て、デザインに限らず、 顧客志向ってのは自分のわがままから始まって正解、とおもいました。 システムでもよく、「ユーザ視点」っていうけど、 ユーザってのは決して第三者じゃないんだということを 作る側はとかく忘れがちです。 STEP0(ゼロ)時点でのユーザは自分であり、 自分のわがままや満足が原点になっていいとおもう。 自分がユーザだったら?自分がまったく知らないシステムを使うとしたら? あいにく批判精神ってのは持ち合わせてて、 みんな自分が第三者の時はいろいろ意見が出てくるのに、 作る側に回るとその視点に立つことを忘れちゃうんですね。 「情けは人の為ならず」を曲解して、 人には自分にして欲しいことをする、のはあたらずとも遠からず、かなと思います。 それで、恋愛のコツ(あくまで想像ですが)みたいなのを 仕事に活かせたらいいのに。 自分がされて嬉しいことは人も嬉しいことがある。 相手が大切なら、相手の大切なことを、同じかそれ以上大切にする。 わがまま、思いやりは、誰の為か? きっとそれも、人の為ならず、になるのでしょうね。 [詳しくはこちら]

» それは「デザイン」ではない 送信元 ZEROBASE CAST
「デザイン」という職能、デザイナがやっていることを理解してこそ、はじめてデザインをマネジメントできる。→デザイン・マネジメント 「理解」するうえでは、まず流布している「誤解」を解消しないと。今回「デザインへの誤解」について核心を突いた文章を見つけたので引用しながら紹介する。→なぜ「デザイン」という行為、「デザイナー」という職業は誤解されるのか(注:元記事ではゲーム業界におけるデザイナーの役割がテーマ) デザイナーとエンジニアのハイブリッドみたいなやつのことを本当はデザイナーと呼ぶのではないか、ということだ。というのも、エンジニアリングを理解せずにデザインなどできるわけが無いと考える... [詳しくはこちら]

» デザイナとプログラマの協業(対立?) 送信元 ZEROBASE BLOG
たびたび言及しておりますが、「デザイナ」と「プログラマ」の協業の大切さについて書きたいと思います。 百式 - 誰誰サービス (Programmer Meet Desinger.com) 先日の開発合宿でも思ったが、デザイナーのスキルはすごい。こういう考え方をするのか!とか、こんなきれいなものが一瞬で!とか思ったりしてしまう。 逆にデザイナーの人もそう思っていたみたいで、コードが書けるとすぐにこんなことが!と驚愕していた。 というわけで、もっとプログラマーとデザイナーは交わるべきだと思う。 間違いなくその通りで、「対立」している場合ではない。 プログラマが知ら... [詳しくはこちら]

» 建築とITシステム 送信元 TheHybridCenter
「建築は凍れる音楽である」とゲーテは言いました。 「建築にはそこの文化風土と生活形態が息づいている。  建物からも(ビジネスは)見えるんだよ」とマーケティング権威で 私の恩師の井関先生は言いました。 詳しくはないけど、美術的な観点から建築は好き。 ダンスサークルの後輩君であるクロが面白いリンクを紹介してました。 http://web.sfc.keio.ac.jp/~kurok/kuro-log/archives/000493.html クロとのメールで、 「建築の作り方とITシステムの作り方ってやっぱ似てる」って話がでました。 実際、家をたてる時の話を例にして お客さんとか、部外者にはシステム設計や要件定義の説明をしてたし、 作っていくとき論理的には建築手法に似ている部分があります。 アーキテクチャという言葉はITシステムでも使うしね、と二人納得。 システム・アーキテクトといえば、 『マトリックス・リローデッド』は、私には面白い話でした。 プログラミングの世界を無理やり映像にするとあんなカンジ。 かなりマニアックなので きっとこの職業以外の人は意味がわからなかったんじゃないか?と思いました。 弟や友達から電話がかかってきて質問の嵐でした。 [詳しくはこちら]

コメント (6)

asano:

DATE: 2008/03/11 14:48:48
石橋さま

お返事ありがとうございます。

つまりソフトウェアの場合、求められている物事(提供する価値)に対して機能を規定すると言う事で、その求められている物事(提供する価値)からデザインするということでZEROBASEさんは「機能はデザインに従う」と仰ったと解釈して宜しいでしょうか?

そういえば情報系の学会で、工学系では機能からのアプローチを、デザイン系ではニーズからのアプローチをする傾向があります。そう考えれば合致が付きました。



建築でも居心地の良いリビングとはどのような形か?集中出来るオフィスはどのようなレイアウトかと日々悶々と考えさせられます。建築やプロダクトでは、こういう形にするとこういう機能になると、形がそのまま機能(機能がそのまま形)になるため、こういう価値を提供したいからこの機能をつけるというフェーズまで考えが行きどきませんでした。失礼致しました。

建築でも情報デザインが重要であり、例えをあげるならアフォーダンス、マッピング等を日々考えさせられます。大変良い勉強をさせて頂きましたありがとうございます。

石橋:

DATE: 2008/03/11 15:07:37
asano様、追加のコメントありがとうございます。

いやはや、お恥ずかしい限りで、私のほうも勉強になりました。

ありがとうございました。

asano:

DATE: 2008/03/11 15:17:48
追伸

デザインを無視して機能からつくるといった話の例は建築よりも、ケータイの話が良いかもしれません。

例えばいくら高機能・高性能な機種を開発しても、ユーザーはそれよりもサービス面を求めています。そればかりかコミュニケーションをとるための道具が一人歩きして目の前の人とのコミュニケーションが失われ、さらには暇つぶしのゲームや音楽の為にコミュニケーションすらなくなってしまっているケースもあります。

これこそ価値や経験のデザインを無視し、機能むしろ性能ばかり開発している例だと思います。

石橋:

DATE: 2008/03/12 22:36:58
asano様



>コミュニケーションをとるための道具が一人歩きして目の前の人とのコミュニケーションが失われ、さらには暇つぶしのゲームや音楽の為にコミュニケーションすらなくなってしまっているケースもあります。



なんと、これは慧眼ですね。なんたる。恐れ入ります。



しかし、携帯電話ともなれば、その利用者数を考えると「社会性」がつきまといますね。デザインの社会性、社会的責任。



我々の作っているものなど、まだそれだけの利用者を得るところまでいっておりませんので、とやかく言える立場ではございませんが。自らがそれくらいのヒット・プロダクトを生み出したときには、その社会的影響に対する責任も負わなければならないな、と思いました。



>価値や経験のデザインを無視し、機能むしろ性能ばかり開発している例



そうですね。これには「本来の」とつけたいです。



携帯電話の開発をリードするのは(日本の場合、メーカーではなく)携帯電話会社だと思いますが、彼らはユーザの価値や経験のデザインをずっとしてきたつもりでしょうね。ただ、それが、時代に振り回される格好で(競合との競争を意識しすぎて)、増築、増築を繰り返したいびつな形になっている。「携帯電話」の総体としては、本来の価値や経験から離れてしまった。



「話せりゃええやん、電話やし」



といったツーカーの広告コピーが遠い昔のようです。



半年毎に新機種を出す異常なペース。一つのプロダクト(端末)を、腰を据えて作ることができるわけもありません。



そういうルールを作ってしまった日本の携帯電話業界は、みずから「イノベーションのジレンマ」に陥ってしまった気がします。

asano:

DATE: 2008/03/08 08:03:01
初めまして建築事務所に勤めるasanoともうします。

ちょっと気になる点がありましたのでコメント致しました。

本文中に先に機能から作る事は設計図を無視する事だとありますが、この文章に疑問を感じました。

私は設計図を無視すると言う事は逆に機能を無視すると言う事だと思います。

設計図とは必要な機能(項目)や求められている機能(項目)等を抽出し整理したものであり、もちろん「おばあちゃんがつまずかない」や「炊事が楽」といった感性的な価値も機能のうちに含まれると思います。また機能とは目的やニーズを達成するための手段や支援であると考えています。

ZEROBASE様のお考えになっている機能とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?





追伸

機能とは目的を達成する為の手段や支援でありそれを元に全体の設計を行うのが良いと言った意味でルイス・サリヴァンは「形態は機能に従う」と言いったのだと思います。

またフランク・ロイド・ライトは、モダニズムにおいて機能主義が暴走し、効率のよい機能は自動的に美しい形を生み出すといった、勘違いの風潮に対して、機能的且つ美的なデザインをしなければならないと考え「(誤解されているが)形態と機能は不可分だ」と述べたのだと思います。

二人は師弟関係ですしね。

石橋:

DATE: 2008/03/08 12:13:25
おっしゃることは、よくわかります。



アップルCEOスティーブ・ジョブズ氏のデザイン哲学 @ ZEROBASE BLOG (2007年09月30日)

http://zerobase.jp/blog/entry-430.html

"私は「デザイン」が「見栄え」のことだけではないことを伝えるために、よく「機能とデザイン」という言い方をします。しかし、とても気持ち悪い。本質的に不可分なのだから「デザイン」とだけ言いたい。"



"デザインとは「どう見えるか(how it looks)」ではなく、「どう機能するか(how it works)」の問題である" --- スティーブ・ジョブズ



私の関心はソフトウェアにあります。



機能の観点では「印刷機能」でもユーザにとっては「紙という形態で入手できること」が価値です。



機能の観点では「ソート機能」でもユーザにとっては「名簿を見やすくするために名前順にならべること」が目的です。



要するに「機能」を論ずるレイヤーが一段低い。建築やプロダクトに比べて、ソフトウェアのデザインは、まだまだ未熟だということです。



そういうことを書きました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年10月06日 14:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「組織から独立したい人たちへ(覚悟のススメ)」です。

次の投稿は「ajaxの本質は「脱・紙芝居」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35