なぜ37signalsのプロダクトは常に革新的なのか?

ソフトウェア・プロダクトのデザインに関して、とても共感するインタビューがあったので、紹介します。あのトム・ピータース氏(最近デザイン狂になりつつあるという噂の世界トップクラス・カリスマ・コンサルタント)による、37signals, LLC(シカゴを本拠地とする先進的Webサービス開発者集団)代表Jason Fried氏へのインタビュー。

引用したのは「Jason Fried interview by Tom Peters」です。インタビュー全文を読むと、ピータース氏が37signalsのプロダクトにほれ込んでいるのが伝わってきます。

インタビューの解説

We're pretty well known for our focus on simplicity.

'simplicity'(単純さ)をデザインポリシーとしている。

So I prefer to just start designing and see where things go.

すぐにデザインを開始する。どうなるか実際にやってみて、結果を把握する。

Defensive design and contingency design are basically design for when things go wrong.

詳しくは『ディフェンシブ・ウェブデザインの技術―「うまくいかないとき」に備えたデザイン、「上手に」間違えるためのデザイン』をご参照。

In today's business world, most communication is done through writing, whether it's via email or via instant messenger, or if you use Basecamp or Backpack or whatever. You have to write things down, because instant messaging and email are so easy and fast. I think it's really important―especially these days―that people should be able to express themselves through writing.

文章力が、とても大事。なぜなら、いまのビジネス環境では、ほとんどのコミュニケーションが文章による。

A lot of people ask us, "What's your road map?" They ask what features are coming up and where we see it in six months. The answer is that we don't have a road map and we don't know what's coming up. We're very much believers in practicing what we preach, which is an iterative approach where priorities change all the time. So one week it might be time tracking, and then we might change directions and work on something else.

「ロードマップ」なんて持たない。半年後なんて自分でも分からない。物事の優先順位なんて、ころころ変わって当たり前。

So we basically look about 30-60 days out, and that's about it. We're certainly committed to building the product, but we don't know where it's going to go. Two years ago we had no idea we'd be building Basecamp. If we had a five-year plan, we wouldn't have built Basecamp because it wouldn't have been in the plan. So, we'll see where it goes.

考えるのは、せいぜい30〜60日くらい先まで。長期の計画に縛られるのはナンセンス。

We call it listening to your product. Not just to the customers, but you have to listen to your product. What is the product missing, or what does it have too much of?

自分の商品に聞け。顧客にではなく。何が足りないか?何が余分か?

Part of development for us is not only adding new things, it's potentially taking some things away that aren't working well. Or slimming things down. We're not in a race to have more features than anybody else.

新しいものを追加するだけでなく、余計なものを取り除くのも大事な開発作業。「競合より多くの機能を」といった不毛な機能拡張競争はしない。プロダクト全体としてのパッケージングが重要、という考え方。そこで必要なのがデザイン力。

it's not just about design or engineering or business. To me, at least, those things don't matter so much on their own. I think what's important is how you can make them all work together.

デザイン、エンジニアリング、ビジネスのすべてを、一緒にうまく機能させることが大事。


参考情報


参考図書

日経bizTech MOTを超える 〜定説を覆す「新」技術経営戦略

特集2「顧客至上主義再考」 技術で新市場を切り開くことが難しくなった今、顧客ニーズにきめ細かく対応することは商品企画の基本スタンスと言える。だが顕在化したニーズの後追いだけでは、顧客に感動を与え、リスペクトを受ける商品は生み出せなくなっている。顧客至上主義から、顧客をリードする商品を生み出す顧客ナビゲート型企業への転換を目指す動きを追う。

タグボート岡康道氏、佐藤卓デザイン事務所・佐藤卓氏など、昨今注目されるクリエイターによる「脱・顧客至上主義」の論考。口をそろえて「顧客に聞くな」「顧客の言うことを聞くな」という論調。読み応え十分。

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する

ブルーオーシャン創造のための「4つのアクション」として、「取り除く」「減らす」「増やす」「付け加える」という頭の使い方が提案されている。Fried氏の " What is the product missing, or what does it have too much of?" という発言と関係が深いと思うため紹介した。

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

何を作るべきか考える前に、何が「解決すべき問題」なのか理解する必要がある。その理解なしに着手して、問題を解決しないものを作っている人がたくさんいる。この本の「イノベーションは見ることから始まる」という章では、正しい理解には観察からだと説いている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/186