デザイナは「全体」を考える

あああああ」という前回の記事に続いて、再びWeb Designer 2.0 進歩し続けるWebデザイナーの考え方』(長谷川 恭久著)より引用する。

今まではレイアウトの微妙なズレだけを気にすればよかったわけですが、SEOやWebアクセスシビリティを考慮するのであれば、ページに書かれている情報をよく理解する必要が出てくるわけです。


「今までは」(Web標準(X)HTML/CSSマークアップの普及以前は)「あああああああああああああああ」みたいなデザイナーばかりだった。

しかし、「これからは」そういう時代ではない。グラフィックデザインとインフォメーションアーキテクチャが不可分で、その両方ができる(ことになっている職業)が「Webデザイナー」だ。

さらに意欲的なデザイナーは(コピーライターの仕事領域に踏み込んで)デザインから「一文の長さ」「だである/ですます」「文体」「文章構成」についても提案してもいい。

【テンプレート】=「何か」が流し込まれるべき「構造」と、その「見た目」(XHTML/CSS)

それを「作って終わり」でいいのか?

それで「デザインは完了」したのか?

デザイナは「中身」をケアしないのか?

という疑問がある。

突き詰めると、「デザイナ」という職業に「枠」は無いということだ。

「技術は分かりません」「マーケティングは分かりません」では通用しなくなる。

あらゆる分野の専門家になれとは言わない。ただ、それがどういうもので、何のためにある分野なのか理解し、各分野の専門家と「よりよく協業」するのがプロフェッショナルの義務だ。

そして、デザイナやアート・ディレクタは、プロジェクトの(具体化・実現化というフェーズの)大部分をコントロールする役割だ。

だから、興味の幅が狭いデザイナというのは、ポテンシャルの面で疑問を持ってしまう。

意欲的なデザイナのみなさんは、どん欲に興味の幅を広げていって欲しい。


関連リンク


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/191