手を動かす前に、考えろ

さあ、デザインよろしく。考えろ。といきなり言われても、何を考えていいか分からないだろう。

そんなとき、まず、すべきことは何か?

(略)

「何を考えるべきか」を考える(pre-thinking)。それしかないにきまってる。

「なぜ、なんのために、何を考えればよいのか?」という「原点」に立ち返って考えろ。これをしっかり理解する。理解できるまで考える。質問する。しまくる。答えがまだ与えられていなければ、クライアントと一緒になって自ら産み出す。見いだす。

そうすることで、「考えるべきこと」つまり「目標(GOAL)」が見えてくる。

そうすれば、あとは「考える(THINK)」だけだ。簡単だ。決して楽ではない。深く考えることは苦しい。ただ、目標(GOAL)が明確な道のりだ。どんなに苦しくても大丈夫。簡単だ。

考えることが難しい、つらい、苦しい、と言っている人の多くは、まず目標(GOAL)を明確にしないで考えていることが多い。

私に言わせると、なぜそんなことが可能なのか分からない。不可能に決まっている。論理的に言って。

「何を考えるべきか」を明確にせずに考える、というのは、明らかに矛盾している。

それって、一体、何について考えているんだ?

どんなに深く考えているつもりでも、考える方向性が間違っていれば意味がない。

最初に「はしご」を掛け違ったら、どんなに高く上っても、目的の場所には到達しないのだ。

コンパスを持っていれば遭難はしないけれど、目標地点がない航海に意味はないのだ。

目標が明確でなければ、その作業に意味はないのだ

だから、いきなり考えるのではなく、最初にやるべきは「何を考えるべきか、を考える(pre-think)」ことだ。これをしない人、あるいは、これを「自分の仕事ではない」と思っている人が多い。実に多い。

さらには、いきなり手を動かすのは最悪だ

デザイナなら、いきなりIllustratorをいじりだす。プランナなら、いきなりPowerPointをいじりだす。プログラマなら、いきなりプログラムを書き始める。いずれも最悪だ。

よく「手を動かしながら考える」あるいは「走りながら考える」という言葉を使う人がいる。注意して見てみよう。「考えることを放棄するときの言い訳」に使ってないか?そんなのは最悪だ。

考えるのは迷路を目隠しで進むような行為だ。苦しくて、大変だ。手を動かすのは簡単だ。すぐに仕事をしている気になれる。手を動かすことで、仕事をしている気分になれる。それに逃げてしまう。プロにとっては、逃げだ。甘えだ。

目標が明確になったあとで、「考えるために手を動かす」ことは良い。だが、聞きたい。考えるべきことを明確に理解しているのか?と。

この文章で言いたいことは単純だ。

  • 手を動かす前に、考えたか?
  • 考える前に、「考えるべきこと」を、きちんと考えたか?

これだけだ。

これができるプロフェッショナル(デザイナに限らず、プランナやエンジニアなども)は少ないと思う。しかし、こんな簡単なこと 〜単に仕事に取り組む姿勢と段取りだけの問題(体に覚え込ませるまでの鍛錬は必要だが)〜 ができることで、デザイナとしての価値は大きく高まる。間違いない。

デザイナという職業は、Pl(プランナ)やCD(クリエイティブ・ディレクター)の領域と重なっているのだ。

意欲的なデザイナのみなさんは、指示を受けて作業するだけでなく、どんどん「何を考えるべきか、を考える(pre-think)」という領域に踏み込んで欲しい(PlやCDの仕事を奪う勢いで)。

関連リンク

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/194

「「考えた」人たち」に、ZEROBASE BLOGさんからトラックバックをいただきました。 そこで「頭の中にあることを瞬間的に出せる訓練をしないとコンセプトもへったくれもない」から「普通にできることのレベルをあげるための練習」にいたる一連のエントリーに「同感!」という.. 続きを読む