フリーランサーの「募集」とは能力の事前審査

| コメント(0) | トラックバック(0)

フリーランサーの方からのコンタクトを待っています。まずは応募の意志がある旨だけ連絡もらえれば、おって提出書類、課題、面接などについて連絡します。「応募」というか、ようするに「営業」ですよね。売りこんでください。ただ、最初に一定の情報(資料)提供を求めます、というわけです。

たまたま現時点でマッチするプロジェクトが無いかもしれません。というか、普通は無い。だからこそ、売りこんでおいてもらった方が良いです。あるとき「フリーの人にこれをお願いしよう」と思ったら、わざわざ新規に募集するより、すでにつきあいのある人を選びますから。(※ここでいう「つきあい」は、いちど営業された、くらいの人も含みます)

よろしくどうぞ。

追記:「フリーランサー」とはいっても法人格も含みます。ただ、いわゆる「会社」の「実際に作業する人が誰かわからない」ようなのは困りますので、「フリーランサー(法人も可)」といったニュアンス。

追記:「ギルド」のイメージかな?というコメントを頂きました。近いかもしれません。ですが、ゼロベースは外注費率がすごく低い会社です。

追記(2008年7月24日):現時点では外注費率を3〜4割に上げていこうと考えています。社外パートナーへの発注を増やそうということですので、売り込み歓迎です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/222

コメントする

このブログ記事について

このページは、ishibashiが2008年2月29日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Getting Real (by 37signals)サマリ」です。

次のブログ記事は「ちょっと待て、そもそも「ベンチャー」ってのはなぁ・・・(導入)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。