自前主義なのはネットベンチャーだけじゃない(海外では内製がふつう)

SIer・システム開発会社への依存に関して。社内にエンジニアを抱える方向にシフトしてもよいのでは。

どうやら海外では、内製のほうが普通らしい。大企業ともなれば数千人規模のインハウス・エンジニアを抱えているそう。

アメリカにはSIerなんて存在しない - GoTheDistance

米国と日本との大きな違いは、米国の企業は基本的に内製なのだ。すなわち、社内のIT部門に開発エンジニアを抱え、そこでシステムの開発から運用を行なう。

ほかに「米国では会計事務所が企業のITシステム構築を手掛けてきた(→アクセンチュアなどに繋がる「会計系コンサルティング」の系譜)」などといった話も最近の一連のブログ上の話題で再確認。

実際、内製回帰したほうがいいと思う。

SIerとか、うちみたいな会社は、「それでも選ばれる」(=あえて外注しても頼むだけの付加価値がある)サービスを提供しなければならない。

そういう熾烈な競争にさらされてこそ、いい会社が残り、だめな会社は市場から退場することになる。

国内大手SIerは政府の予算で「延命」されている部分があるのでは? ある会社の売上に占める政府関連の割合が多いのは依存というか癒着というか、、、不健全だと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/219