WEB+DB PRESSで紹介されました

WEB+DB PRESS Vol.43(2008年2月23日発売号)で紹介されました。Webに記事が掲載されているので紹介します。

今回は,ユーザインタフェース技術を得意とされるゼロベース株式会社にお邪魔してきました。


ちょっと心霊写真的な・・・

ここここれってどうみても下半身なくなっちゃっていませんか...!

今月号のWEB+DB PRESSにとんでもない写真が! - ぼくはまちちゃん!(Hatena)


追記(2009-10-09):

――(実際の画面仕様書を見せてもらいながら)めちゃくちゃキレイですね! 画面がこんなにキッチリ決まっていると,実装するのって辛くないですか?
ウォーターフォール型開発の場合は、こうします。

一方、人間中心設計(HCD)/プロトタイピング型開発の場合は、こういう設計書は作りません。イメージ:ソーシャルウェブサービスのプロトタイピング

石橋:新規開発と運用では求められる能力が違うと思っているんですよ。すべて1人でできるスーパーな人もいるとは思い ますが,全部やると効率が悪くなったりするので,得意なところに集中してもらったほうがいいと思うんです。うちはゼロから作ることが得意な人が集まった会 社にしたいので,人を集めるときも,仕事をもらうときも,そういうスタンスでいきたいって感じですね。
いまの考えでは、初期開発のあとでの改善も大事。なので保守開発も積極的に請け負います。企画、開発、運用の全体にわたって、成功に貢献していきたいと考えています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/234