2009年3月アーカイブ

「シンプル・デザイン」の成否を握る経営マター「デザイン・マネジメント」

企業がデザインに取り組む際には、経営者による権限と予算の委譲に裏付けられた、デザイン責任者のリーダーシップが必要。

「シンプル・デザイン」が経営にもたらすもの (CEO,CFO,CTO視点)

シンプルなコンセプトでスモールスタートしたプロジェクトは、仮説検証して失敗を回避しやすく、結果として成功しやすい。新規事業の不確実性に対処する上で有効。

シンプルとは、独自のウリで一点突破できること

「シンプル」とは、「商品やサービスに、本質的価値が漏れなく含まれ、かつ余分なものがないこと」だと考える。

VCの機能不全−−−使い切れないほどのカネを持ち、シード・マネーを提供せず、投資に値する起業家がいないと嘆く−−−

ベンチャー・キャピタルの資金はダブついているのに、投資機会が少ない。つまり、起業家が不足しています。私が考える致命的な原因は、シード・マネー(元手となる資金)の...

儲かれば何でも良い

会社は、社会の役に立つときに儲かる。だから、儲かっているということが、何よりも善いことだ。(註:この記事を書いた後で、考えが変わりました。企業にとって理念・哲学・真・善・美は重要です。)

予期せぬ成功

起業家は「予期せぬ成功」を拒否することがあります。

計画されていなかったTwitter

Twitterは「たまたま」成功しました。創業者がそれをよく理解しています。

リスク、決定論、自由意志、注意義務

リスクという概念は、西欧において決定論(神の意志)と分かちがたい関係にあるようです。私も勉強中の身ですが、理解の範囲で書いてみます。...