電子書籍の「ページをめくるという時代錯誤」

紙の書籍を電子デバイスで読めるようにするたけの電子化ではなく、電子デバイスならではの電子書籍の在り方について考えてデザインしていく必要があります。

電子書籍を作るなら、電子メディアのための書籍をデザインしたいものです。紙の書籍を模した、名ばかりの電子書籍が多い。残念だと思いませんか?

 私自身iPadを使ってみて気づいたのだが、新聞や雑誌を読むのに気の利いたアプリケーションなど必要ない。画面が小さいiPhoneの場合は、アプリで利便性が格段に高まる。だがiPadの画面は十分大きくて明るい。ネットへの接続環境さえ良好なら、どんな出版物もアップルのブラウザ「サファリ」で読むのが一番だろう。

 バニティ・フェアやタイムのiPad向け電子雑誌は、ページをめくるという時代錯誤を復活させようとしているだけだ。

iPadは新聞も雑誌も救わない | ニューズウィーク日本版

ページをめくる

「ページをめくる」という行為について考えてみましょう。

下の3枚の写真は、ページめくり中の写真です。8-9ページの見開きをめくって、次の10-11ページに移る過程です。紙の本では、見開きの左側(下の写真では9ページ目)の最終行と、次ページの最初行が、同時に視野に入りません。ですが、その2つの行は連続しています。本来は、同時に視野に入るほうが望ましいでしょう。

FlippingPage-1.jpg

FlippingPage-2.jpg

FlippingPage-3.jpg

ページをまたぐ長文を理解するために、何度も右へ左へとめくり直した経験はありませんか? この不自由は、両面印刷という紙メディアの制約によるものです。ある文字を境として、連続した文章が、紙の表と裏に分断されているからです。

「ページをめくる」という行為には、改善の余地があるのではないでしょうか。紙メディアの制約とは関係がない電子メディアで、なぜ「ページをめくる」ような設計をするのでしょうか? 妥当な理由があるのかもしれません。しかし、とくに無いのであれば、よりよい設計を模索することもできます。

ページを滑らせる

例えば、GoodReader for iPadのDouble-Pageビューは示唆的な例です。ページをめくるのではなく、滑らせます(スライド操作)。下の3枚の写真は、ページを滑らせている最中のスクリーンショットです。8-9ページの見開きを右に滑らせて、次の10-11ページに移る過程です。

GoodReaderForIPadDoublePage-1.PNG

GoodReaderForIPadDoublePage-2.PNG

GoodReaderForIPadDoublePage-3.PNG

〔注:滑らせるにも二通りの方法があります。フリック(はじく)なら一瞬でスライドが完了します。ドラッグ(ひきずる)なら自分の指で制御できますから、時間をかけてゆっくり滑らせることもできます。本稿の考察ではドラッグ操作を前提にしています〕

GoodReader for iPadのDouble-Pageビューにおいては、ページ移動の際に、前ページ最終行と次ページ最初行の両方が同時に視野に入ります。読みが途切れず、ページをまたいで連続的に読み続けることができます。

〔注:横書きの書籍なら(後述のように)縦スクロールで読むのが適していると考えます〕

ページにより視野が分断されないのは、まるで巻物のようです。もちろん縦書きと相性が良い。千年前から日本人は知っていたというわけです。さて、現代の日本人として、電子媒体で縦書きをどう読むか、考えたいですね。西欧人頼みや、無批判な輸入ではなく。

内容(コンテンツ)に適したインタフェイス設計

GoodReader for iPadのDouble-Pageビューは、紙メディアと電子メディアの違いを考えるための一例です。このような設計が無条件に良いという主張ではありません。適材適所です。本稿では「紙メディアに縛られない発想で電子書籍をデザインすること」についての示唆が得られる例として紹介しました。

本稿の「縦書きの書籍を電子化した場合、ページをめくるよりも、滑らせるほうが読みやすい可能性がある」という考察は、文章主体の書籍を前提としています。見開きで図版のように見せる雑誌には該当しません。文章主体だからページによる分断が問題になるのであって、ページ毎に独立した図版にとって「ページによる分断」という問題はありません。

インタフェイスの設計は適材適所です。コンテンツを「どう読んで欲しいか」というユーザー体験デザインありきの適材適所です。

書籍概念の解体

ここまでは書籍の電子化を想定した考察でした。それに対して、最初から電子媒体で読まれることを想定して書かれた電子書籍もあります。以下は、それについての考察です。

最初から電子媒体を想定した文章は、ページに割り付けられている必要がありません。ページという概念が不要です。ページのない文章を連続的に滑らせて読む行為は、(冒頭の論者が挙げたように)Safariブラウザでウェブページを読む行為に近い。〔注:もちろん、縦書き文章を横に滑らせるのではなく、横書き文章を縦にスクロールして読むという行為を指しています〕

果たしてそのようなものを「書籍」と呼ぶかどうか。

 今日の若い世代、つまり未来の一般的消費者はケータイで新聞記事や小説を読むのになんのためらいもない。同様に今からそう遠くない未来にすべての書籍が電子化されたあとに生まれてくる子供たちは、紙がめくれるようなインターフェースに何の価値も認めないだろう。テキスト中心の知的生産物が電子書籍という形を取る必然性をまったく感じなくなるだろう。電子書籍のファイル形式のe-pubである必要はない。ウェブの表示言語であるHTMLでよくなる。電子書籍はウェブに同化する運命にあるのだ。

電子書籍は紙へのノスタルジア=いずれウェブに同化する【湯川】 : TechWave

ページという単位に縛られない横書き文章として、すでにウェブページがあります。そのための技術として、HTMLとブラウザがあります。すでに利用できるそれらの発展において「電子書籍」が意識されるかどうかはともかく、結果的に「電子書籍」に引導を渡す存在に発展する可能性はあるでしょう。実際にそうなるかどうかはともかく、あり得るシナリオの一つとしては。

関連記事:

追記

2012年11月17日:この記事を書いてから2年半。テキストの見開き (double-page) インターフェイスを、以前より評価しています。とはいえ、電子書籍において「ページめくり」のエフェクトは不要だと、依然として考えています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/888