『次世代メディアを語る会』ラウンドテーブル by オーバルリンク&デジタルハリウッド

先端研究集団OVALLINKのクローズドイベントに参加してきました。今回はラウンドテーブル形式の勉強会でした。これが濃密で面白かった。

先端研究集団OVALLINKのクローズドイベントに参加してきました。今回はラウンドテーブル形式の勉強会でした。これが濃密で面白かった。その場で発言しようと思ったものの、考えているうちに終わってしまいましたので(笑)、ハッシュタグ#ovallinkをつけてツイートしました。それへのリプライもまとめてTogetterに掲載しました。

以下、私のツイートのみ掲載しておきます:

忘れないうちに #ovallink ラウンドテーブルについて。森祐治氏の講演にて、メディアビジネスにおける不可避なアンバンドリングと、積極的リバンドリングの指摘。後者は消費者視点で新たな価値の創造。同意見。まさに人間中心手法の出番。
posted at 00:00:15

HTTP/HTMLはソースコンテンツをいじらない。マークアップによりリンクして、ブラウザ側で再構成する思想。HTML5もその延長。ブラウザ側でなんでもできるようになると、著作権の隣接権について検討が必要。 #ovallink
posted at 00:07:06

デジタルデフレ(デジタル化によるメディアビジネスの縮小)はかならず起こる。そのとき、バリューチェーンのどこに金が落ちるかという配分変化の話と、バリューチェーン全体として効率化により消えるコストと付加価値がある。区別したい。 #ovallink
posted at 00:09:52

電子書籍化で、積ん読が減ると売上は落ちる。雑誌もマイクロ化されて記事毎の販売などになると購読が消えて「積ん読」同様に売上が落ちる。ただ、書籍にも(雑誌の様に)広告を入れることができる。 #ovallink
posted at 00:11:51

本、雑誌、映像、音声、ゲーム、写真、アート、、、コンテンツのボーダーレス化が進む。それに従い「我々が売っている価値は何か」と問うか、それに抗い「フォーマットの価値」を再定義するか。無作為はあり得ない。 #ovallink
posted at 00:15:00

コンテンツを消費する時間の有限性。可処分時間と可処分所得。上限があるのにデジタルデフレが来れば縮小しかない、と悲観するだけではだめ。時短、CMスキップによりテレビの消費量は増えうる。音声も同様。 #ovallink
posted at 00:18:40

読書時間に一定の上限があるゆえに購入点数も一定、という前提も疑おう。Kindleのソーシャルマーカー機能による読書のニコニコ化とも言うべき体験は未来を考えたいよい材料。書籍ではなく読むこと。名詞bookでなく動詞readingをデザインしよう。 #ovallink
posted at 00:21:04

「読み順」を時刻情報と共に「録画」して、そのメタデータを販売するという可能性。橋本大也さんの読み方が(電子ピアノの演奏データリプレイのように)手元で再現する。それにいくら払う人が何人いるか。プロ読書家の可能性。 #ovallink
posted at 00:24:35

書籍やウェブページなどタイムラインがないコンテンツはランダムアクセス可能だし消費速度は自由。音声は時間拘束的だが「ながら」消費可能。映像は没入(苫米地氏的には洗脳装置)。なおタイムラインも時短やダイジェスト可能。 #ovallink
posted at 00:28:14

ユーザー体験にフォーカスして新しい価値を作ることも考えよう(中嶋淳氏)。同意。超同意。それしかない。技術志向のまぐれあたり狙いはシリコンバレーに勝てない。それ以前にそんなR&Dできる資本体力もうないでしょ。 #ovallink
posted at 00:30:30

どんな巨大企業でも一社ではとれないようなリスクをとる、シリコンバレーという「R&D機関」。規模に劣り、周回遅れで、動きの遅い日本の大手企業が、それを模倣して勝てるはずがない。技術中心主義では無様に負ける。 #ovallink
posted at 00:34:36

ぼくの考えでは、HTML5にDRMと決済を「オープンに」組み込む方法が編み出されて、それに集約されるのではないかと、長期的には。そのときHTMLは6かも。 #ovallink
posted at 00:38:09

百万部を超えるSweetの工夫は物流ハックとギャザリング #ovallink
posted at 00:45:53

電子書籍化により漫画喫茶はカラオケ化。実売課金、実売印税。JASRAC登場? http://bit.ly/9vT2Vc #ovallink
posted at 00:50:28

こんな濃い勉強会は #ovallink だけ http://www.ovallink.jp/ とか言ってみたりして
posted at 00:55:30

デジタルデフレへの対策は、突き詰めれば一つだろう。「我々は何を売っているのか」をゼロベースで考えること。紙とかデジタルとかテキストとか音声とか映像とかは表層でしかない。 #ovallink
posted at 01:05:16

メディアそのものに消費者はなんの価値も置いていない。メディアは透明で無料であるのが本来で、必要悪。消費者が欲しいのはコンテンツ。ザッツオール。コンテンツの話がメディアの話にすり替わりがち。提供者倫理。その先に未来は無い。 #ovallink
posted at 01:07:50

「物理層」的な狭義の「メディア」に消費者は価値を置かない。ただ、コンテンツに近い層の「メディア」は消費者が認識する価値を作れる。それにはユーザー中心デザインが活かせるはず。 #ovallink
posted at 02:24:52

昨晩の #ovallink の話に関連して。電子書籍の「ページをめくるという時代錯誤」 - ZEROBASE Journal http://bit.ly/8YZZbi
posted at 15:56:30

XML/HTMLでデータとして配信してブラウザで再構成するという考え方ならデザインは不要なのか?という発言があった。そうは思わない。第一に、テキストデータもデザイン可能。第二に、雑誌的な図面はデザイン必須。 #ovallink
posted at 16:00:20

コンテンツにおいてデザインは経営マターとして扱うべき重大な問題。見方を変えれば、そうしていない企業にとっては伸びしろ(成長余地)。デザインで新聞が復活した例 http://bit.ly/8Y7sgA #ovallink
posted at 16:01:27

PDFかEPUBかという話から始めない。landscapeかportraitか。テクストかイメージか。感情か論理か。コンテンツとコンテナの関係を原理的に考える http://bit.ly/dhFuzn #ovallink
posted at 16:06:46

なぜ、テクストを書く万人と、HTMLをマークアップする専門家に分かれるのか。WYSIWYGのUIで適切かつ妥当なマークアップをするソフトウェアが無いから。ただ、テクノロジの問題ではない。 #ovallink
posted at 16:37:18

そのようなオーサリングソフトがデザインできたとしても、実際にそれを使ってテクストを書いてもらわないといけない。それも含めて、デザインの問題。テクノロジの問題ではない。 #ovallink
posted at 16:38:13

スタイルとセマンティクスが分かれているのはテクノロジの都合であってユーザーには関係ない。使いやすいものが使いたい。ならばスタイルとセマンティクスを合わせればいい。それだけのことだろう。そこにWYSIWYGのパラダイムシフトは必要だが。 #ovallink
posted at 16:40:57

テクストから視覚情報を取り除いた状態で読み書きするリテラシー。ある意味では抽象度が上がるわけだが、そもそも文字より先に音声があったし、我々は紙とペンをPCに置き換えてきた。その程度のシフト。 #ovallink
posted at 16:48:33

そういうシフトを起こす際に、テクノロジの都合ではなく、ビジネスの都合ではなく、ユーザーの都合で考えていきましょう、というのが私の立場。ユーザー体験デザインとかユーザー中心デザインというのはそういう立場。 #ovallink
posted at 16:52:13

テクストから視覚情報を除いて読み書きするリテラシーは、ツイッターのユーザーなら持ってる。その程度であって、何ら特殊な能力ではない。誰にでもできる。ただ、そのためのデザインがまだないだけ。 #ovallink
posted at 16:57:32

誤解されがちだが「テクノロジの都合ではなく、ビジネスの都合ではなく、ユーザーの都合で考えていきましょう」というのはテクノロジやビジネスの軽視ではない。消費者団体的な主張でもない。イノベーションでの金儲けを長年考えた結果。 #ovallink
posted at 17:04:27

なお、通常は「次世代メディアセミナー」の名前通り、セミナー形式のイベントです。今回ラウンドテーブル形式の勉強会になったのは特別でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/893