近未来EC研究会 第2回「インタフェイス」開催概要 (#fecs)

近未来EC研究会第2回は2010年9月8日に「インタフェイス」というテーマで実施します。

GMO-VP×GMO-PG「EC・決済ラボ」主催
近未来EC研究会 第2回「インタフェイス」

ECの可能性をラディカルに議論する「近未来EC研究会」(コンセプト)第2回イベントを2010年9月8日(水)に開催します。テーマは「インタフェイス」です。

当日はUSTREAMでの中継を行います。ただし、プレゼンテーションやパネルディスカッションではないので、番組としてはあまり面白いものにならないでしょう。参加して体験しなければ分からない価値を提供したいと思います。

開催趣旨

iPadなどのタブレットや、最新ブラウザに搭載されつつあるHTML5などの新たなインタフェイス技術が普及しつつあります。それによって、いまのEC体験を制限している技術的制約は緩和されていきます。それは、よりよいEC体験のデザインが可能になることを意味します。

そのようなデザインに際して、まず技術的制約から考えるアプローチがあります。前述のような技術進歩のトレンドに従い、「新たな技術で出来るようになること」から発想するアプローチです。「技術的制約の中で実現可能なことを考えるアプローチ」とも言えます。このアプローチでは、まずは技術の規格や仕様を確認することから始め、次にそれを制約条件としてデザインに取組むことになるでしょう。

一方、我々のアプローチは異なります。我々は望ましいEC体験から考えます。まず制約を取り払って構想し、その次に制約の中で現実的に実現可能なことへ立ち返る、というアプローチです。このアプローチでは、最初に「本来どのようなEC体験が望ましいのか」を考えて、次にそのような理想の実現を阻む技術的制約を確認することになります。

イベント形態

本イベントでは、参加者同士で対話し、手を動かしながら望ましいEC体験を考えるワークショップを実施します。ブレイン・ストーミングやKJ法(カード・ソーティング)などのグループワークでアイデアを出します。なるべく楽しいワークショップになるようにしたいと思います。

アウトプットすることが好きな人を歓迎します。売り手や買い手として、いまのECに言いたいことがある人や、よりよいEC体験のアイデアがある人を歓迎します。

ワークショップの「お題」も募集します。

例:
ユーザーとして
「いま買わずに保留するのが不便」
「カード番号を入力するのが面倒くさい」
売り手として
「カートの放棄率が高すぎる」
「滞在時間が短いのはなぜ?」
「購入時に『お店からのお知らせを受信する』のチェックが外されてしまう」
など。

ふるってご応募ください。

開催概要

2010年9月8日(水)19:00-21:30(開場:18:45)
※USTREAM中継あり。
※イベント終了後、懇親会。

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー11F(地図
GMOインターネット株式会社の会議室にて。
※懇親会は付近の飲食店にて行います。  

公募定員:10人
主催:GMO-VP×GMO-PG「EC・決済ラボ」
企画・運営:ゼロベース

参加申込

締め切りました。

参加応募フォームからお申し込みください。

一次締切は8月30日(月)23:59です。一次抽選結果を9月1日迄にご連絡します。

欠員が出た場合は補欠当選があります。参加申込は前日(9月7日)まで受け付けます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/900