コンテンツを発信してからウェブサイトを設計するリーン・アーキテクチャ

| コメント(0) | トラックバック(0)

概要:

ウェブコンテンツ制作への予算シフト。コンテンツを発信してからウェブサイトを構築するように。いろんなところにパブリッシュしたコンテンツをマッシュアップして「自社サイト」「プロフィールサイト」を作るようなアーキテクチャが進化。

キーワード:

ウェブサイト構築, コンテンツ制作, リーン

Webサイト制作の終わりと始まりという記事で長谷川さんは次のように書きました:

Webサイトは必ずいるよね、という前提に囚われず、利用者が最も必要としているコンテンツを配信する手段を選ぶ時代になりました。そのときに Web プロフェッショナルとして提供できる価値は、Web を熟知していること、コンテンツと利用者を繋げることができるスキルだと思います。

ぼくも同意です。その先に「ウェブサイト構築からウェブコンテンツ制作への予算シフト」を予想しています。

ありもの活用で小さく早く

自前のサイトで何か新しいことを始めようとするたびに「CMS開発投資」などのお金と時間がかかる。「何か始めよう」と思っても、実際にパブリッシュできるのは早くて3ヶ月後。

その問題に対して「ありもの」のプラットフォームを活用することが有効です。Facebook, Twitter, YouTube, Ustream, Flickrなどのことです。それらはソーシャルメディアでもあるから、ブロードキャスティング的な「発信」ではなく、ソーシャルに「伝搬」し、「反応」を得やすく、「対話」も可能になるような工夫の余地がある。

「ありもの」のプラットフォームの活用を前提としたコンテンツの発信(企画・制作・編集・公開・更新・運用)に関するノウハウの価値が高まる。

要点は「何か新しいことをしたい」ときに「小さく素早く始めること」です。スモール&クイックスタート。「何か新しいことを始めたい」と思ったら、すぐに「コンテンツをパブリッシュ」するところまでいける。その時間と費用が少ないということ。今風にいえば「リーン・スタートアップ」。

コンテンツ制作を増やすと何が減るか

そういう「ウェブコンテンツ制作への予算シフト」があるとすれば、何からそれへ予算をシフトするのか。二つあります。一つ目は「容れ物」としてのウェブサイトを設計・構築する仕事(ウェブサイト構築)です。

二つ目は広告。純広告を減らして、「コンテンツを公開して、ソーシャルメディアを通じて『届けるべき人』に届けて、そこから対話を深めていく」という活動に投資をシフトしていく。そのほうが「いいお客さん」と「いい関係」を築けるからです。

中身が先、容れ物が後

アーキテクチャ(設計様式)の進化も予感します。いろんなところにパブリッシュしたコンテンツをマッシュアップして「自社サイト」「プロフィールサイト」を作るようなアーキテクチャが進化してくるんじゃないか。about.meとか、そんな感じですね。

エンタープライズ・ウェブサイト、大企業のでかいサイトも、そういう進化の影響を受けると思います。詳しく説明しません。参考文献は『アーキテクチャの生態系』(濱野智史)。

いくらコンテンツが大事だといっても、そりゃあーもちろん長期的には「アーキテクチャ」が大事ですよ。でもね、「何かしたい」と思って実際に動いていくときには、まず「コンテンツ」ですよ。だってさー、「空っぽの容れ物」作っただけじゃ何にも意味ないじゃん!

ウェブ制作会社の役割

というわけで「ウェブ制作会社」に求められる役割も「ウェブサイト構築」から「コンテンツ制作」にシフトするだろうと思ってます。

正確にいえば、「ありもの」のプラットフォームの活用を前提としたコンテンツの発信(企画・制作・編集・公開・更新・運用)に関するコンサルティングやアウトソーシングが、仕事になる。

要するに盛り上がるネタは何かと考えて、ネタを投資して対話をもりあげるということ。ラジオの放送作家と同じ能力なんじゃないかと密かに思ってるんですけど。

コンサルティングもアウトソーシングも「原材料」は同じです。「ノウハウ」です。まだ経験者が少なくて、いずれ価値が高まるであろうノウハウは、早めに獲得することに価値がある。

日本ではループスさんとか、進んでますよね。自分自身がソーシャルなマーケティングを実践し、体現してるからいいなー。口だけコンサルと違って。

中身から容れ物を考えるアーキテクト

で、ウェブサイト構築からコンテンツ制作への予算シフトがあるとして、専門家ならではのさらに価値ある貢献をしようと志すなら、運用実務レベルだけではなくて、「コンテンツ戦略&コミュニケーション戦略」レベルの仕事にも踏み込むとか。

「踏み込む」というのは、コンテンツ制作の仕事を依頼される前の段階に「踏み込む」ことになりますので。「何をするか」決まってから制作の仕事をもらうんじゃなくて、「何をするか」を考える仕事をもらうということです。

それをやろうとすると、もはや「請負業者」ではいられなくなるんですけどね。受託業務でありながら「自分の名前と顔で仕事する」ような態度で仕事をすることになる。(これについては長くなるので詳細はまたどこかで)

ラジオの喩えなら、放送作家じゃなくて、ディレクターかプロデューサーでしょうか。

さておき、必要になる専門家は「ソーシャルメディアで社外の人々と交際・交流する」ための「コンテンツとアーキテクチャのありかた」を構想する専門家です。その能力は「コンテンツ発信の実務経験に裏打ちされたアーキテクチャの構想力」です。いま持ってる人が少なくて、将来的に価値の高まる能力。

これをいかに獲得するか。自分でドッグフード食うしかないでしょ普通。なのでループス的ありかたは正しいなーと。

って断言してますけど、客観的な未来予測じゃなくて、他人事じゃなくて、ぼくがもこういう未来を作りたいと思ってますから。ぼくはこういう未来に備えて投資するつもりです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zerobase.jp/mt/mt-tb.cgi/1094

コメントする

著者

ウェブ・アーキテクト石橋秀仁

アーカイブ