不勉強会

「不勉強会」やってます。本を読んだり読まなかったり。大前提は飲酒。シラフではない。これ重要。「勉強会」ではありません。一冊の本(服毒本)をサカナに酒を飲む会です。

テーマはウェブ、建築、SFなどでしょうか。明文化していません。主催者の好みで、その都度いろいろやってます。

過去の不勉強会に関する記事もあります。

参加方法

不勉強会に参加するためには、まずFacebook上の不勉強会グループに参加してください。その後、個別のイベント情報をチェックして、参加表明してください。

概要

不真面目な態度で本を読み、本を肴に楽しくおしゃべりする「不勉強会」です。平たく言えば雑談を楽しむための食事会です。

毎回異なる「服毒本」(ふくどくぼん)が設定されます。したがって「同じ本に関心のある人々が集って楽しくおしゃべりする会」になります。

服毒本は、読んでこなくても構いません。「読んだ人の話が聞きたい」という目的で参加して頂いても構いません。

主役は「本」ではなく「あなた」です。臆することはありません。

  • イベントシリーズ名:ゼロベース不勉強会 (Zerobase Book Dinner)
  • 定員:原則として6名
  • 会場:おもに新宿あたりの飲食店
  • 費用:飲食費4千円〜5千円

ご注意

本の「正確な解釈」などといった窮屈な思想は持ち込まないでください。各自好き勝手な「読み」「誤読」「曲解」を語り合いましょう。

ガチな「勉強会」ではありません。「真面目なお勉強」がしたい方はご遠慮ください。「勉強会」ではありません。大事なことなので二回言いました。

キャンセルは2日前までにお願いします。当方がキャンセル人数分の料金を負担することになります。

鉄則

  • 不快にさせない
  • 怒らない

ネタ募集

「我が社」や「うちの製品」をネタにしてほしい、という方がいらっしゃいましたら、ぜひ。そのネタにあわせて服毒本を選んでみます。ネタ×服毒本のマリアージュを楽しみましょう。ワインでも飲みながら。

開催一覧

#1 デザイン考 2012年5月8日

  • 柳宗理著『柳宗理エッセイ』収録「デザイン考」(たった15ページ)

#2 デザイン考 2nd 2012年5月15日

  • 柳宗理著『柳宗理エッセイ』収録「デザイン考」(たった15ページ)

#3 ウェブと宇宙開発 2012年5月22日

サイバースペースにおけるアメリカのフロンティア開拓精神と合衆国憲法の理念

#4 ゲーム 2012年5月29日

酔っ払いがソーシャルゲームを正当化してみた

#5 情報 2012年6月5日

  • 最低限このリンク先だけ読んでくればOK
  • Luciano Floridi, Information: A Very Short Introduction, Oxford University Press, 2010.
  • 西垣通著、『情報学的転回―IT社会のゆくえ』、春秋社、2005年。

ヒトと機械と情報についての酩酊哲学

#6 暇つぶしとエロティシズム 2012年6月12日

  • 酒井健『バタイユ入門』
  • カイヨワ『遊びと人間』
  • 国分功一郎『暇と退屈の倫理学』
  • 『メディア芸術アーカイブス』

【ゼロベース不勉強会 #6】参加しました!【暇とエロティシズム】 - shikaimonjo technology

#7 『日本2.0 思想地図β vol.3』の憲法2.0

2012年7月29日(日)15:00〜18:00に新宿天空ビアガーデンで開催しました。

#8 『1984年』『ドーン』『アクセル・ワールド』

2012年8月12日(日)15:00-20:00にBACARDI MIDPARK CAFE(バカルディ ミッドパークカフェ)で開催しました(2時間延長)。

監視カメラとか人間関係とか「ゆとり世代的主体」とかについて考えた不勉強会#8のメモとスケッチ

#9 ‎川向正人著『現代建築の軌跡―建築と都市をつなぐ思想と手法』(鹿島出版会、2005年08月発売)

2012/8/23 7:00 PM ~ 10:00 PM 不勉強会@ちゃんこ鍋両国(新宿御苑前)

副読本 http://booklog.jp/users/zerobase/archives/1/4306044548

#10 「情報空間」「サイバースペース」

2012/9/12 Vinagioにて。服毒本は東浩紀『サイバースペースはなぜそう呼ばれるのか+』

#11 いま何がデザインされるべきでしょうか?

2012/10/19(金)20:00-23:00 Vinagio

#12 『新しい市場のつくりかた』

2012/11/8 Vinagio 新しい市場のつくりかた