社会/ビジネスの最近のブログ記事

国家権力による価値観の規範化・内面化について(ベンチャー起業促進という大義名分における)

「ベンチャー起業促進」という大義名分があろうとも「権力による価値観の規範化」は不当です。国家に頼らず、あくまで民間での啓蒙・説得を通じて、社会における正当性を獲得しなければなりません。

大勢の目(enough eyeballs)で修正できなかったPHP5.3.7 crypt()関数の脆弱性は、むしろ大勢だからこそ生じるモラル・ハザードかもしれない

問題提起です。「大勢の目(enough eyeballs)」によってオープンソース・ソフトウェアの品質は担保されるはずでしたが、必ずしもそうではないようです。では、大勢のチェック(enough eyeballs)が機能するのはどういう場合で、機能しないのはどういう場合でしょうか。

報酬を無作為化することで歪んだインセンティブ構造を正せないか

インセンティブの歪みを解消する方法として、報酬に無作為性(ランダムネス)を入れるアイデアの紹介です。

シリコンバレーの土地柄としてのサイバーリバタリアニズム

米国西海岸のハイテクベンチャーは、しばしば「自由」の価値を掲げており、自国や他国の政府と事を構えることさえ辞さない覚悟を持っているように見えます。これは西海岸の政治風土と分かちがたい「土地柄」だと思います。

米社会保障庁(SSA)CIOの考え

米社会保障庁(SSA)CIO Frank Baitman氏のインタビュー。ソーシャルウェブ、IDEOのデザインプロジェクト、Cobol、モバイルアプリなどのトピックが興味深い。

モチベーションと創造性とROWE (Results Only Work Environment)

働くモチベーションと創造性とROWE (Results Only Work Environment / 完全結果志向の職場環境)との関係などについて。

プロジェクト成果の貨幣的価値評価法としての社内取引制度(XP祭り2010〜アジャイル学園祭〜)

XP祭り2010〜アジャイル学園祭〜で5分間の発表(ライトニング・トーク)をした際のスライド、発表内容および解説。

進化、自由、知識、一粒の麦

| コメント()
挑戦には公共的な価値がある: 仮説検証は、人が生きる上で非常に重要です。それがなければ、人は失敗から学べない。僕はいま、企業や組織、働き方という領域で仮説検...

アレグザンダーの建築学とハイエクの経済学〜二人のオーストリア人に通底する懐疑主義とradical trustの精神

アレグザンダーとハイエクはヒエラルキー(ツリー)で解けない問題をセミラティス(ネットワーク)で解こうとした。その思想にウェブ社会のヒントがある。

プロトタイピングに適した受託契約形態

「多段階見積・多段階契約」あるいは「準委任契約」ならプロトタイピングが可能。〔追記:2011年時点ではジョイント・ベンチャー型の契約形態も提案されている〕