社会/ビジネスの最近のブログ記事

SIerがアジャイルしたければ技術者自身がセールスを

技術者自身がコンサルティングセールス〜クロージングするのが、技術者にとって理想的な仕事を獲得する最良の手段だと思います。そのために、まず何から始めればいいか。...

不況は起業に有利か?/哲学的起業家の可能性

破壊的イノベーションは、成熟市場で次の成長カーブ(S字カーブ)を産み出す傾向は、あるかもしれない。ただ、それは好不況と、あまり関係ない。...

VCの機能不全−−−使い切れないほどのカネを持ち、シード・マネーを提供せず、投資に値する起業家がいないと嘆く−−−

ベンチャー・キャピタルの資金はダブついているのに、投資機会が少ない。つまり、起業家が不足しています。私が考える致命的な原因は、シード・マネー(元手となる資金)の...

儲かれば何でも良い

会社は、社会の役に立つときに儲かる。だから、儲かっているということが、何よりも善いことだ。(註:この記事を書いた後で、考えが変わりました。企業にとって理念・哲学・真・善・美は重要です。)

予期せぬ成功

起業家は「予期せぬ成功」を拒否することがあります。

計画されていなかったTwitter

Twitterは「たまたま」成功しました。創業者がそれをよく理解しています。

リスク、決定論、自由意志、注意義務

リスクという概念は、西欧において決定論(神の意志)と分かちがたい関係にあるようです。私も勉強中の身ですが、理解の範囲で書いてみます。...

オフィスグリコ/民営化

前回は雑誌購読をやめたという話でした。今日はオフィスグリコを導入した話です。アスクルでお菓子を買うのをやめて、オフィスグリコを導入しました。...

雑誌/互恵的利他主義/自生的秩序の意図的設計

会社経費での雑誌購読をやめました。互恵的利他主義ができないかなと。現実社会においては「おすそわけ」「子供を預かる」などの互恵的利他主義が根付いた地域社会に暮らし...

ヤミ市、フリーマーケット、哲学、法秩序

私のマネジメントの究極の目標は経営者・指導者を不要にすること。組織のトラック・ナンバーが上昇し、生存能力が高まること。自由な個人が創造性を発揮して稼ぐ環境です。...