社会/ビジネスの最近のブログ記事

社内経済におけるマネジメントという公共事業の民営化

「企業は全体主義であるが故に独裁者を必要とする」「ペナルティはインセンティブ/社内通貨/上司不要論/マネジメント2.0」「社内通貨の導入」の議論を、もっと分かり...

社内通貨の導入

「ペナルティはインセンティブ/社内通貨/上司不要論/マネジメント2.0」で紹介した社内通貨についての補足です。...

ペナルティはインセンティブ/社内通貨/上司不要論/マネジメント2.0

社内に市場メカニズムを導入し、個々人が自己判断で行動する自由な会社に「上司」は不要。そういうマネジメント思想と、その実践に必要な要素についての考察。

中華人民共和国、法の支配、裁量行政、資本主義、財産権、自由

自由な社会には法の支配が必要です。法の支配の逆は裁量行政です。自由への脅威です。...

雇用を「守る」という語感のミス・リーディング

雇用を「守る」という言葉は「雇用維持」を意味します。しかし雇用を維持するためには「攻め」の経営が必要です。これが混同されていないか。「雇用を守る」ためには「守り経営」ではいけない。〔2011年10月の追記:今の私から見ると拙い文章です。〕

企業は全体主義であるが故に独裁者を必要とする

企業を国家に置き換えるアナロジーで考えてみれば、ほぼすべての企業が全体主義です。明確な目的に向けて資源を結集するとき全体主義は生産的・効率的で有利です。全体主義は有能な独裁者や官僚を必要とします。もし新たに自由主義的企業像を描くならば、それは生産性・効率性よりも創造性を重視する企業でしょう。

新規事業の不確実性

極限までローコストで、新規事業をスモール・スタートする方法についての考察 (7):不確実性に対処する方法

戦略的コスト構造を武器に

極限までローコストで、新規事業をスモール・スタートする方法についての考察 (6):ベンチャーの強みは「お金がないこと」

システム力に勝る「人間力」(手運用)

極限までローコストで、新規事業をスモール・スタートする方法についての考察 (5):システム化せずにマンパワーで処理することのメリット

新規事業のリスクとコスト構造

極限までローコストで、新規事業をスモール・スタートする方法についての考察 (4):「予期せぬ成功」に備えて投資しますか?