Webの最近のブログ記事

生きている人間の評価は、死ぬまで定まらない。いや、死んでも定まらないのだけれど。

短縮URLは必要悪か、単なる悪か。」という記事を読むと、「専門家はパターナリスティックなものだ」と再確認できます。最近は「ペイ・パー・ポストは悪か」といった論争もありましたが、同様です。

前回のつづき)
(※旧タイトルは「Webビジネス新規事業への賢い投資術~「どこまで東京?」に学ぶ:(2) どこまで削れるか」)

どこまで東京?というサイトには、Webビジネスの新規事業投資において学ぶべき事があると思いますので、詳しく紹介します。結論から申し上げれば「Webビジネスの立ち上げは(極端にやれば)ここまでローコストになる」「Webビジネスにはシステム開発が必要だ、というのは思いこみに過ぎない」ということを「どこまで東京?」を例にお伝えしたいと思います。
(※旧タイトルは「Webビジネス新規事業への賢い投資術~「どこまで東京?」に学ぶ:(1) 企業の金銭感覚」)

「ネット業界」という括りが、どうにも好きではありません。あまり役に立たないと思っています。ヤフー、グーグル、はてな、ミクシィ、サイバーエージェント、paperboy&co.、チームラボ、ngi group(ネットエイジ)などを一括りに「ネット業界」「ネット企業」としてしまうのは、何の意味があるんだろう、と。ですから、今回の記事では、ちょっと整理してみます。

※自分で言っておいてなんですが→誰も知らないWeb業界「広告系」と「IT系」の違い @ ZEROBASE BLOG