年収予測モデル

当社の過去の報酬データをもとに、この業界での経験年数から年収を予測するためのモデルを作りました。 1

このモデルによれば、

  • 2年で244万円
  • 4年で360万円
  • 6年で478万円
  • 8年で595万円
  • 10年で712万円
  • 12年で829万円
  • 14年で946万円
  • 16年で1,064万円

という予測が得られます。毎年59万円ほど年収が増加する傾向が見られます。

付加価値(売上総利益としての業績値)と年収の関係を詳しく調べるには、黒字社員シミュレーターをご利用ください。

なお、下記2点にはご注意ください:

  1. あくまでも「予測」に過ぎません。 2
  2. 50代以降の予測に適用することはできません。 3

固定給付き完全成果報酬制にもどる。

  1. 具体的には、直近2期分の報酬データを最小二乗法で線形回帰分析しました。

  2. そもそも当社は完全成果報酬制ですから、ご本人の業績次第で年収は大幅に変わります。年収予測モデルは、あくまで「過去の報酬データから見出された傾向性」に過ぎず、年収を保証するものではありません。

  3. このモデルはいまのところ実際の報酬データにフィットしています。しかし、「毎年65万円の年収増」という直線的な予測を40年目まで延長(外挿)することには無理があるでしょう。日本社会一般の傾向として、年収は50代でピークアウトします。このモデルを作成した時点では最年長の社員が40歳でした。とりあえず20〜40代には問題なく適用可能なモデルだと考えられます。