エイプリルフール企画「エア新書」

2009-04-01

2009年のエイプリルフールにジョークサイト「エア新書」をリリースしました。

架空の新書の表紙画像を合成し、その新書の「書評エントリ」を書くことにより、ブロガーが手軽にエイプリルフールを楽しむことができるという趣向です。

当時は、ちょうど新書が互いに競い合うように凝ったタイトルをつけるようになった時期でした。その状況を風刺した作品です。

また、当時は多くのインターネット企業がエイプリルフール企画としてさまざまなウェブコンテンツを発表している時代でした。なかでもGoogleやpaperboy&co.(現GMOペパボ)は注目を集めていました。

エア新書には多くの反響を頂き、NHK BS2 ザ☆ネットスターや東京新聞でも取り上げられることになりました。

エア新書のスクリーンショット

当時のニュースリリース(抜粋)

■企画概要

エア新書を使えば、かんたんに「いかにもありそうな新書本の合成画像」を使って、 一見手の込んだエイプリルフール記事を書くことができます。

「エア書評」をするには、「エア新書」にアクセスして、 新書の「タイトル」と「著者名」を入力し、 生成されたタグをブログ記事に貼るだけです。

■企画背景

(エイプリルフール)

ネット上では毎年エイプリルフールの話題が欠かせません。大掛かりなものもあります。 一方、ブロガーとしては自分のアイデアだけで参加できるチャンスであるにも関わらず、 じっさいには「ネタがない」ことを理由に参加できずに終わることも多いようです。

(新書)

ブログで書評されることも多い「新書」というフォーマット。 「シリーズで同じ装丁」「キャッチーなタイトルと帯」という特徴があります。

(書評)

ブログの書評記事には、表紙画像を添付するのが一般的です。 エア新書を使えば、かんたんに表紙画像を合成することができます。

(エイプリルフール)×(新書)×(書評)=「エア新書」です。

■ロードマップ

「エア新書」はエイプリルフール企画に留まらず、 今後の継続開発を予定しております。

  • エア購入機能
  • エアアフィリエイト機能
  • リアル出版機能

チーム