ゼロベースでのキャリア

ゼロベース株式会社はセルフマネジメントテクノロジーZaというユニークな制度によって運営されています。フリーランサー(自営業者)なみに自由な働き方と、効率的に稼げる完全成果報酬制が特徴です。

ゼロベースは実力主義です。年齢、ジェンダー、人種、国籍などは問いません。在宅勤務、時短勤務、副業・複業なども可能です。

ゼロベースは優秀なタレントを求めています。その優秀さに相応しい仕事と、報酬と、働きやすい環境を用意しています。

募集中のポジション

現在募集しているポジションはありませんが、オフ会への参加のお申込みは受け付けています。

プロフェッショナリズムという美徳

全社員が備えるべき美徳「プロフェッショナリズム」の内容です:

経済的自立(自営力)
まず自身が自立しなければ、他者を助けることも容易ではありません。他者に貢献するために「黒字社員」の状態を保ちます。自分の仕事に対して正当な報酬を得るために、自分の仕事の価値を買い手に納得してもらい、報酬を気持ちよく支払ってもらえるよう努めます。
仕事への責任
いったん引き受けた仕事は、最後まで責任を持ってやり遂げます。ただし、自分の仕事は全うしても、プロジェクトが失敗してしまうようではいけません。自分が参加しているプロジェクトの成功のために、自律的・積極的に貢献します。
信念
場の空気に流されず、主張すべきことは主張します。事業の公共性、外部性、社会貢献も意識して、自分が正しいと信じることをします。それと同時に、自身の信念が正当なものか、常にあらゆる角度から自己批判し、また他者の批判に傾聴することで、日々より賢明になるよう努めます。
卓越
いつでも「今より高い水準」を目標に自己研鑽し続けます。自身の分野で世界最高レベルのタレントや仕事やプロダクトを「最高水準」とし、それに照らして自分の現在地点を測り、自分の目標水準を定めます。

就労条件

報酬(給与・賞与)

当社は固定給付き完全成果報酬制です。毎月の固定給と、年1回(7月)の決算賞与を支給します。

勤務地は自由

新宿のオフィスに通勤、自宅からのリモートワーク、客先への直行直帰など、すべて自己裁量です。

勤務時間は自由

労働法に則って、就業規則で「午前9時〜午後6時、休憩1時間、週40時間勤務の裁量労働制」と定めています。とはいえ、実際には勤務時間は問いません。

(※とはいえ、過重労働の実態があれば、労務管理として指導する場合もあります)

休日は自由

就業規則では、「土曜日および日曜日、国民の祝日(日曜日と重複した場合は翌日)、年末年始休日、夏期休日」と定めています。その他、自由に休暇を取ることができます。

経費の使途は自由

好きな機材や資料を自己裁量で購入し、私物化・専有することができます。事前の申請などは一切不要。完全な自己裁量です。

(※もちろん税法上の「費用性」がない支出は認められません。あくまで「仕事に必要な経費」に限定されます)

その他

  • 社会保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)です。
  • 借上社宅制度があります。
  • 通名の使用が可能です。
  • 社内起業を促進する「事業組合制度」があります。
  • 副業は自由です。
  • 経費精算用クレジットカードを支給します。

Zaにおけるワークスタイルもご参照ください。「仕事を自由に選べる制度」「好きなプロジェクトに時間やお金を投資できる制度」「勤務時間・勤務場所・休暇を自由に決められる制度」「経費を自由に使える制度」について説明しています。

職場環境

コラボレーションツール

以上のツールを会社として用意していますが、それ以外も使用禁止というわけではありません。適切なセキュリティポリシーで運用されるならば、基本的に使用を許可しています。

オフ会

毎週火曜17〜19時にオフィスに集まるオフ会という慣行があります。

合宿旅行

年1回程度の合宿旅行があります。社員の旅費は全額会社で負担し、社員の同伴者(家族など)の分も一部補助します。

2015年は沖縄で開催されたハッカーズチャンプルーに参加するため、3泊4日でホテルムーンビーチに宿泊しました。そこでセルフマネジメントテクノロジーZaの製品化のコンセプトを議論しました。

2016年は長崎のハウステンボスというテーマパークに2泊3日で旅行し、ロボットの導入などで話題の変なホテルに宿泊しました。そこで「みんなでハッピーリタイアするためには何が必要か」について議論しました。その結果「事業組合制度」などの新しい制度が生まれました。

ゼロベースでのキャリアに興味がある方へ

まずはオフ会(毎週火曜17〜19時)に遊びに来てください。