Zaの会計システム(個人採算制)

セルフマネジメントテクノロジーZaの会計システム(個人採算制)について説明します。

個人採算表

社内外すべての取引は集計され、個人採算表 が作られます:

  • 売上総利益 = 売上 - 売上原価
  • 本部費 = 売上総利益 × 本部費率 (※この計算式は一例です)
  • 利益 = 売上総利益 - 本部費 - 人件費

個人採算表の図

以下、各項目について説明します。

売上総利益

「売上総利益」は売上から売上原価を引いたものです。「粗利」とも呼びます。

売上を実現する上で他人の協力を得た(他人に発注した)かもしれませんが、その他人の貢献分は「売上原価」という形で除かれています。したがって、売上総利益は、その人個人の「付加価値」を表します。

本部費

本部に収めなければならない「税金」です。

ゼロベース株式会社の本部費制度では、年間60万円の「均等割」と、売上総利益の20%の「所得割」を合わせた本部費を、従業員一人ひとりから頂いています。

(※本部費の設計によって、労働分配率がおよそ決定されます。ゼロベース株式会社では上記のように本部費を定義することによって、労働分配率が75%程度になっています)

人件費

「人件費」は従業員個人に紐づく総費用です。具体的には、給与・賞与・通勤費などの「総支給額」に、会社負担分の社会保険料を加えたものです。

(※会社負担分の社会保険料が個人採算表上の人件費に加算される、つまり「自分で負担させられる」ことは、理解しにくいかもしれません。説明が必要な方は、社会保険料を「会社と半額ずつ折半する」という制度についてをご覧ください)

利益

「利益」は、従業員個人の付加価値から人件費と本部費を払ってなお残ったお金です。いわば個人の「黒字」です。

社内預金

利益の積立を「社内預金」と呼びます。社内預金は前期から今期、今期から来期へと繰り越されます。

企業会計になぞらえれば損益計算書(P/L)上の「当期利益」(フロー)が貸借対照表(B/S)上の「自己資本」(ストック)になるように、個人採算上の「利益」(フロー)は「社内預金」(ストック)になるのです。

セグメント会計

社内外の取引を集計することで、個人採算表だけでなく、部門ごとの採算表や、本部の採算表も作られます。また、会社全体の損益計算書(P/L)も作られます。

このように、Zaには「セグメント会計」の側面があります。個人採算表は「個人をセグメントとする管理会計」だと言うこともできます。

企業レベル、部門レベル、個人レベルの構成図

次はZaの報酬システム