Zaの価値観

セルフマネジメントテクノロジーZaの価値観について説明します。

Zaの中心にある価値は、(1) 市場メカニズム、(2) 情報共有、(3) 自由 です。

市場メカニズム

人々の自律的な行動の結果は、中央集権的な統制に勝ります。ソ連崩壊を例に出すまでもなく、市場の力はこの優位性を何度も証明してきました。

Zaの市場メカニズム(社内外取引制)は「個々人が自己の利益を考えて行動すること」の結果として「組織全体としての収益性の向上」をもたらします。

情報共有

従業員が自律的に意思決定するためには、それに必要なだけの情報が与えられなければなりません。財務情報などの企業内情報は「デフォルト・オープン」原則で、できるかぎり共有されなければなりません。

Zaの会計システムは徹底した透明性によって情報共有を促進します。黒字社員シミュレーターも現状分析のための道具を提供することで従業員をエンパワーします。

自由

市場の中で、情報を与えられた個人は、自己の利益を最大化すべく創意工夫することが可能です。ただし、そのための自由裁量が与えられていれば。

Zaにおけるマネジメントワークスタイルは自己管理(セルフマネジメント)を原則とします。「誰と一緒に働くか(誰と取引するか)」や「どのように時間を使うか」は個人に任されます。

もちろんマネジャーの存在は否定されていませんが、Zaを導入した組織では、ほとんどの会社組織よりもはるかに多くの自由裁量が従業員に与えられるでしょう。


このようなZaの価値観の原点はゼロベース独立宣言(2008年)にあります。

次はZaの始め方